遊んで株が身につく!初心者の楽しい株入門 株&[アンディ]

株&[アンディ] ホーム > カブコラ > 第48回 季節ごとに株価が上がりやすい銘柄ってあるの?

いまさら聞けない株に関する疑問に答える株コラム「カブコラ」

2009.09.16

季節ごとに株価が上がりやすい銘柄ってあるの?

あっという間に夏も終わって、すっかり秋になりました。そういえば、株って季節にも関係あったりするんでしょうか。夏に上がりやすい株は? 冬に上がりやすい株は? 株式会社エフピーウーマン取締役でファイナンシャルプランナーの高山一恵さんに聞いてみました。

「夏に株価が上がりやすいのは、ビールやお茶、スポーツドリンクなどの飲料水を扱うサントリー(非上場)やキリン(2503)アサヒ(2502)といった銘柄が挙げられます。ほかにもディズニーランド(4661)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(2142)など、レジャーランド関連企業も期待できます」(ファイナンシャルプランナー、高山一恵さん)

四季を持つ国、日本。そんな季節ごとに影響される銘柄があるのも、ひょっとして日本ならでは!?

――確かに夏の方がディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ遊びに行くイメージがあります! では、秋は?

「秋は行楽やアウトドアの季節なので、レジャーシートやアウトドアグッズを扱う企業が挙げられます。ほかにも自宅で鍋をしようと思う人が増える傾向があるので、秋の味覚のひとつでもあるキノコ類を販売するホクト(1379)や、鍋つゆを販売するハウス食品(2810)日本水産(1332)などの食品関連企業も上がるのではないかと思います」

――季節ごとの旬となるものも、大きく関係してくるというわけですね。すると、冬だと暖房機とか?

「そうですね、暖房機器関連の企業も有力といえます。最近ではユニクロ(9983)も、ヒートテック素材インナーの影響で売上を伸ばす傾向にあるようです。最後に春ですが、新生活をスタートさせる季節。そのため、引っ越し関連や化粧品関連企業の株価が上がりやすくなります。もちろん花粉症に悩まされやすい時期でもあるので、マスクなどの医薬品関連企業も上がりそうですね」

――う~ん、どれも季節ごとの特徴を捉えたものばかり! こうした季節の影響を受けやすい銘柄を買うポイントを教えてください。

「共通していえることは、シーズンになってからでは購入額が高くなって利益を出しづらいので、その2~3ヵ月前には目星をつけて置くなどの準備を。気象庁などの情報を元に、株価が低いうちに購入するようにしてください。すると、今年の夏のように、冷夏だったことで逆に株価が下がったとしても早めに見切りをつけられますよ。また、実際に株を購入するときには、株価だけでなく、業績も確認するようにしてくださいね」

高谷先生、ありがとうございました! 私もさっそく、今年の冬に株価が上がりそうな銘柄を探そう!

(吉住夏樹/プレスラボ

今すぐ株体験!無料会員登録