遊んで株が身につく!初心者の楽しい株入門 株&[アンディ]

株&[アンディ] ホーム > カブコラ > 第53回 最近よく聞く業務提携。企業の株価は必ず上がるの?

いまさら聞けない株に関する疑問に答える株コラム「カブコラ」

2009.10.21

最近よく聞く業務提携。企業の株価は必ず上がるの?

最近ニュースでよく業務提携に関するニュースをよく耳にします。例えばローソンとマツモトキヨシが今年8月24日に業務提携をすることに合意して、お互いの出資で新しい業態の店舗を出店予定だとか。これは株価の上昇につながるもの? ファイナンシャル・プランナーの石原敬子先生、教えてください!

「業務提携とは、仕事のノウハウや人材、物流、販売ルートなど、優れた技術をシェアし合うこと。資本提携のように出資し合っているわけではないので、比較的、提携を解消しやすいところも特徴です」(ファイナンシャル・プランナー、石原敬子先生)

お互いの優れた技術をシェアし合う、業務提携。両者ウィンウィンかと思いきや、実は非常にシビアな一面も…。
© Yuri Arcurs - Fotolia.com

――資本提携よりも、ライトな関係…という感じがします。

「そうですね。しかし、いつでも提携を解消できるということは、提携関係がいつまで続くかわからないということ。一方の企業が経営危機に陥ったら、支援してもらえず、あっさりと提携を解消…なんて場合もあり得ます。大企業同士の業務提携の場合、『あの業務提携は成功だったのかどうか』について専門家の意見もよく報じられるので、それに耳を傾けると株価の予想もスムーズになります」

――こうした専門家の意見を聞くほかに、業務提携の成否がわかる方法はあるのでしょうか?

「企業同士で効率的な業務が行われて初めて、業務提携成功。そして、その成否を一番肌で感じているのは、提携した企業の社員たち。そこで、成否を判断する方法のひとつとして、業務提携した企業の社員の目線に立ってみるという方法をご提案。提携後の社内は居心地がいいかどうか、業務は効率的に行われているかが見えてくると思います」

――社員の目線で考えてみる、ということですね! 投資初心者でも、それならできそうな気がします。最後に、先日のローソン(2651)マツモトキヨシ(3088)のように、業務提携する企業は増えている傾向にあるのでしょうか?

「不景気をキッカケに業務提携する企業は増えている、とはいえるかもしれません。企業同士の技術や戦略、販売ルートなどをシェアし、協力し合ってコストを削減したり売上を伸ばしていく業務提携を選択せざるを得なくなったのではないかと考えられます」

――ありがとうございました。

不景気だからこそ協力し合う企業。ときには経営危機で共倒れしないようにさっと身を引くドライな一面も。業務提携で両社ウィンウィン、株価も急上昇! と簡単にはいかないようですね。

(吉住夏樹/プレスラボ

今すぐ株体験!無料会員登録