遊んで株が身につく!初心者の楽しい株入門 株&[アンディ]

株&[アンディ] ホーム > カブコラ > 第79回 佐藤渡辺、いい生活、チッカリン!? 世にも奇妙な珍名上場会社

いまさら聞けない株に関する疑問に答える株コラム「カブコラ」

2010.04.28

佐藤渡辺、いい生活、チッカリン!? 世にも奇妙な珍名上場会社

世の中には一風変わった社名がたくさんあるようです。かっこいい社名も魅力的だけれど、ユニークな社名もそれはそれで味があっていいもの。上場会社の中から、ちょっと気になる珍名をピックアップしてみました。

株式会社佐藤渡辺(1807) (→株価を見る)

日本ではよく見かける名字が組合わさった会社名。同社は主に土木・建築関係の事業を手がけているようです。社名の由来は、「株式会社渡辺組」と「佐藤道路株式会社」が合併したこと。どちらも社名に名前が絡んでいたために、両方を立てる形を取ったのかもしれません。ところで、同社の佐藤さんと渡辺さんは自己紹介のとき、どうするんでしょうか。「佐藤渡辺の佐藤です。よろしく」なんてちょっと混乱するような…?

元旦ビューティ工業株式会社(5935) (→株価を見る)

「新エネルギーは屋根から」をコンセプトに、太陽光発電屋根などを手がける「元旦ビューティー工業株式会社」。創業45年の歴史ある企業ですが、いかんせん名前が妙です。元旦? ビューティー? これらの言葉が組合わさると、なぜか初詣に向かう、晴着姿の美しい女性が頭に浮かびます。もしかしたら、色々な思い入れがあったのかな…なんて思ったら、同社の会長のお名前が舩木元旦さんでした。なるほど、そういうことだったんですね。勘ぐりすぎました。

片倉チッカリン株式会社(4031) (→株価を見る)

農業用の有機肥料などを開発する「片倉チッカリン株式会社」。大正9年に創業し、社員443名を抱える大企業です。それにしても、わからないのは「チッカリン」という単語。どういう意味? と、思って調べてみたらどうやらこのチッカリン、肥料の3要素の窒素(ちっそ)、加里(かり)、燐酸(りんさん)を組み合わせた合成語だとか。ああ、チッカリンね、昔化学の授業で習ったよ、なんて知ったかぶりしないで良かったです。

株式会社もしもしホットライン(4708) (→株価を見る)

企業のコールセンターの構築・運営などを手がける「株式会社もしもしホットライン」。「もしもし」と名乗るからには、いかにも電話が関係してそうですが、まさにその名の通り、電話無くしては成り立たない事業内容。わかりやすいと言えばわかりやすいのですが、会社名がそのままコールセンターのようですね。やっぱり、社員のみなさんは電話対応が完璧なんでしょうか。

株式会社いい生活(3796) (→株価を見る)

東証マザーズに上場する「株式会社いい生活」。先程の「もしもしホットライン」が社名を見ればすぐに事業の想像がつくのに対し、こちらの社名はじつにナゾだらけ。ちなみに同社は、不動産業界のデータ・ベースアプリケーションの開発・提供などが主な事業。いい生活と言うからには、ロハス的なゆとりライフを提唱する企業かと思ったのですが、見事に予想が裏切られました。

このほか、上場企業の中にはゲンキー(2772)鉄人化計画(2404)NowLoading(2447) など、変わった名前の社名がたくさん。ちなみに非上場企業だと自由度が高まるのか、「愛があれば大丈夫」「総務部」「社会式株」など、さらにユニーク度が増していきます。数え上げればキリがないほどですが、いつまでも数え上げたい気持ちに駆られるのも事実。こんな時代だからこそ、ユニークな社名を持つ企業が停滞した経済にうるおいを与えてくれることを願いたいものですね。

(根岸達朗/プレスラボ)

今すぐ株体験!無料会員登録