遊んで株が身につく!初心者の楽しい株入門 株&[アンディ]

株&[アンディ] ホーム > 世界の株式市場から > 第10回 日本みたいな豊かな国になりたい! その挑戦、応援しませんか?

世界の株式市場から 日本、東京証券取引所

2009.07.21

日本みたいな豊かな国になりたい! その挑戦、応援しませんか?/マレーシア証券取引所


世界の注目市場を紹介してきた当コーナーも第10回を迎えました。世界中すべての国と地域を紹介する意気込みでこれからも頑張っていきたいです。 そんな第10回の国は「マレーシア」。あなたはマレーシアと聞いて何を思い浮かべますか? マーライオン?(←それはシンガポール)首都はバンコクだっけ?(←それはタイの首都)どうも日本人にとってマレーシアはアジア諸国の中国や香港、インドなどに比べていまいち馴染みの薄い印象があるかもしれません。

しかし、定年退職したあとの余生をマレーシアで過ごすという日本人が増えているようです。理由は物価が安く、比較的治安が良いからです。でも投資先としては、あんまり意識されていないのではないでしょうか。

マレーシア(イメージ)
リゾート地として有名なマレーシアは、観光資源がたくさん。マレーシア株で稼いで、将来的にはこんな場所に別荘でも持ってみませんか? (写真はマレーシア、プルフンティアン島)
© Photo by kibitan, Some rights reserved

しかし、マレーシアの人々は日本を意識しているのですよ! マレーシアの首相を22年間務めたマハティールは自身の経済政策の目標として「ワワサン2020」と訴え続けました。ワワサンとは、英語でvisionという意味で、“2020年にはマレーシアを先進国にするぞ!”という強いメッセージが込められたものです。そして、彼が経済政策の上でお手本にしたのは、アジアから先進国の仲間入りを果たした日本や韓国などです。そう言われると、日本人としてはマレーシアのこの野望を応援したくなりませんか? では次にアジアの投資先として注目の主な発展途上国の一人あたりGDP(国内総生産)を表にしてみました。

 韓国
19,504ドル 
 中華民国(台湾)
17,040ドル 
 マレーシア
8,140ドル 
 タイ
4,115ドル 
 中国
3,315ドル 
 ベトナム
1,016ドル 
 インド
1,016ドル 
(IMF発表、2008年) 

こうしてみるとマレーシアは、アジア諸国の中でも比較的お金持ちの韓国、台湾に次いで、経済的に潤っていると言えます。経済的にはすでに先進国の仲間入りを果たした韓国、台湾に続いて発展途上国の中で最も先進国に近い国と言えるかもしれません。マレーシアは20年前に比べてGDPが約3.35倍になったそうです。夢を持った未来ある若者を応援するような気持ちで、先進国日本を目指すマレーシアへ投資するのも悪くないかもしれません。

マレーシアはアジアの中でもIT先進国を標榜し、実際にデルコンピュータのアジアの生産拠点になったり、そのほかにも自動車のルノーなど、外国企業の誘致がすすんでいます。多民族国家で、マレー系の人種が全体の65%、中華系の人種が25%、インド系の人種が7%ですが、主だった人種間の争いはなく、あらゆる文化を許容する人種であることが伺えます。

そんなマレーシアの証券取引所の歴史は1964年。意外に歴史が古いんですね。民間企業による運営で、開かれた取引が行われています。

日本でマレーシア株を買えるのは今のところアイザワ証券のみなので、海外ETF「iシェアーズ MSCI マレーシア・インデックス・ファンド」でのマレーシア投資が一般的だそうです。楽天証券、マネックス証券、SBI証券がこのETFを取り扱っていて、1万円程度の少額でも買えるとか。中国・インド投資が落ち着いた今、新しい投資先として注目かも!?

(梅田カズヒコ/プレスラボ

最新記事も読んどく?

occult

第15回 パワー大解放でさようならオカルトトレーダーの巻

国内外に大きな衝撃を与えた東日本大震災。一日も早い復興を願って、「祈り」を捧げている方も多いのではないでしょうか。日々、おちゃらけた生活をしている...
(2011.04.13)
kabukora

第118回 高齢化が追い風に! 注目のジェネリック銘柄

テレビCMでちらほら耳にしたことのある「ジェネリック」という言葉。特許期間の切れた医療用医薬品と同等の成分が入っているうえ...
(2011.03.02)
occult

第14回 風水で銘柄選び

このコーナーでは、普通に勉強したら難しい株取引をオカルト的に行うとどんな結果がでるのかを体当たり調査します! 雪って昔は大好きだった...
(2011.02.22)

新着一覧へ

今すぐ株体験!無料会員登録